山梨県のTV事情

八ヶ岳南麓の日常・非日常

山梨県のケーブルTV加入率81.6%、
全国第3位(2020年総務省)

盆地であるが故の電波事情があったのでしょう。
山梨県には民法2局しかない事情もあったのでしょう。
アンテナだけではNHK(総合・Eテレ)、
民放2局(日テレ系・TBS系)のみ視聴可。

ま~、この辺は地方に旅行に行った時の
あるあるですよね。

しかし、日常生活を送る上で
TVの占める役割は我が家ではまだ大きい訳で、
しかも東京から移住して来た者にとっては
それは非日常なんです(個人的見解)

そこで2016年引っ越して来た当時色々と調べた結果、
ケーブルTVに加入する以外、選択肢なし!

光ケーブルでネットは出来るのに
フレッツTV等、すべて未提供エリア。

昔から山梨県で生まれ育った方々は
そもそもが民放TVにお金を払って見る事が当たり前で
あまり抵抗がないようです。

そもそもが民放TVを無料で見てきた我が家では
非常に違和感がありました。

そこで見えてきた既得権益

山梨県内には22局程のケーブルTV局が乱立し、
今だに加入料なるものが存在しています。
(昔の固定電話の加入権利金ですね)

普通に考えたら
競争原理が働き、
市場価格が決まるはずですよね。

地域独占・他事業者排除!

我が家の地域でいえば
加入料 88,000円 工事費 17,600円 月々3,300円
(NHKは別途支払)

雇用の確保
競争原理の働かない風土・・・・

郷に入っては郷に従えなんですかね?

まだまだ、
半人前の八ヶ岳南麓移住者なんです(;_;)/~~~