オオカミ犬!現る

八ヶ岳の麓(ふもと)に狼犬か?

ここ山梨県北杜市(ほくとし)の
メールマガジンからびっくり情報が送られて来ました

”お隣の長野県富士見町にて
大型犬が目撃され、ヤギが食べられる被害が出ている”との事

TVニュースでは映像が流れ
専門家によると歩き方や
尻尾の形からオオカミ犬とみられると言う

先月7月に河川敷で
目撃されたのを皮切りに
多数の情報が寄せられていますが
1カ月以上捕獲には至っていません

その為、富士見町では
近辺のキャンプ場を閉鎖

小中学校生は
現在スクールバスで登下校しています

果たして狼犬とは

ジャーマンシェパードや
シベリアンハスキー等の大型犬と
狼を交配して誕生した犬種の事をいいます

日本オオカミは絶滅している為
狼犬の多くはカナダからの輸入です

狼の血が75%以上になると
ハイパーセントと呼ばれ
愛好家の中では非常に人気があるようです

しかし狼の血が入っているので
飼うには非常にハードルが高いのが現状でしょう

警戒心が強く
野性的で神経質な面が多々あり
厳しい躾が重要だと言われています

また、狼犬は特定動物に指定され
自治体の許可が必要です

その為、一般的なペットを飼う以上の情熱と覚悟が必要と言えるでしょうね

ちなみに飼う勇気と覚悟のある方は
狼犬のブリーダーさんを探すか
輸入代理店にお願いすると出会えます

まとめ

富士見町を騒がせている狼犬

専門家によると
もともと野生で生きている事はなく
その毛並みの良さからも
何処からか逃げ出した可能性が高いとの事

町では罠を設置し
警察や保健所、ボランティアの方々が捜索を続けています

しかしながら
飼い主等から自治体に連絡は未だにありません

町内には狼犬のブリーダーをしている男性がいて年一回の保健所の検査には問題はなく、捕獲にも協力しているそうです

だとすれば
狼犬では無く、大型犬のシベリアンハスキーなのか・・・

見え隠れする
身勝手な飼い主による飼育放棄

2020年度には
迷子や飼育放棄で保健所に
引き取られる犬猫は72,000頭に上ります
(環境省統計)

いづれにしても
殺処分なんて事にならないよう
無事に捕獲される事を願うばかりです

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

  ↑
ポチっとして頂けると
ランキングが上がりますm(__)m