DIY 超簡単!薪棚作り 2×4

設計図いらずの簡易・時短・安価 な薪置き場

都市部ではかなりハードルの高い
薪ストーブ

田舎暮らしの特権ですね

しっかり乾いた薪で
広葉樹をメインに使用すれば
煙に関しては問題になりません

ほぼほぼ透明な状態で
煙突から出ていきます

問題は臭い

どんなに高価な物でも
どんなに適切に使用しても
こればっかりはどうしようもありません

風向きにもよりますが
かなり広範囲に広がります

ネット上では
薪ストーブを適切に設置・使用すれば
無色透明、無臭の煙~なんて
言ってる人もいますがありえません

少なくとも
薪ストーブの温度が
高温(200℃~300℃)になるまで
煙も臭いも必ず出ます

個人的には
必ず周りに迷惑になる事を前提に
薪ストーブを設置する事が大事だと思います

業者さんの言う事を
鵜呑みにするは絶対にやめましょう

材料&組立

  • 2×4木材   8本
  • 1×4木材   5本
  • 木部防虫・防腐ステイン 1缶
  • 屋根材(波板)ショート2枚
  • 波板用ビス 
  • 平板台×8
  • 砂利 
  • 水平器
  • コーススレッド90mm・25mm  
  • インパクトドライバー

四隅の平板台を置く所に砂利を敷き
平板台を平行に配置します

ここで手を抜くと後で後悔するので
時間をかけて前後左右、水平にして下さい

2×4材を35cmにカットした物を中心に
写真のように組み立てます

土台部分なのでコーススレッドは
90mmでガッチリ固定

反対側も同じように固定します

屋根の土台作りです
1×4を屋根板の長さにカットして
写真の様に固定します(両サイド)

2×4材に印を付けて平行に
固定してください

角度はあまりつける必要ありません
完成後、補強器具で固定します

白丸の部分はカットしますが
予めカットしておいた方が楽ですね

両サイドの屋根台に
三本の1×4材を載せて固定

屋根材を載せて波板用ビスで固定

木部防虫・防腐ステインを塗れば完成!

途中で気づきましたが
組み立てる前に塗るのが正解ですね^_^;

屋根材にもよりますが
材料費はおよそ¥8,000~で完成です

数年後の状態

数年後に土台部分が弱ってきたので
ホームセンターの補強金具を装着

意外と屋根材を支える部分は
変化ありませんでしたが、
念のため補強しました

5年後の薪棚!
雨にも負けず、雪にも負けず
頑張ってくれてます

写真では雪が被り湿って大丈夫?
なんて思う方もいるでしょう

この場所で1年以上乾燥させ
4月頃、その年使う量を雨に濡れない所に
移動します↓

ウッドデッキ下で
今シーズン使う分をストックします

我が家では毎日使う事はないので
60束ぐらいをここで更に半年乾燥させます

乾燥し過ぎは
燃焼時間が短くなるので
程々にしましょう!(^^)!

含水率計で15%~20%が
一般的に適切だと言われています

ちなみにこの辺の薪相場は
軽トラ一台分(広葉樹)で¥15,000~です

5年前から愛用している
インパクトドライバー!

プロ仕様のマキタも欲しかったのですが
お値段しますからね(;_;)/~~~

パワーとお値段で
ブラック&デッカーを選択!

日曜大工でしたら
十分過ぎる程の性能です

普段から使ってる
オススメ工具です(^^♪
    ↓

関連ブログ
八ヶ岳南麓~簡単DIY

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

 ↑
ブログランキング参加中
ポチっとして頂けると
ランキングが上がりますm(__)m