八ヶ岳南麓ペットの癒し

あなたの人生にペットが必要な7つの理由
~犬の十戒

ペットを迎え入れる理由は多々あるでしょう。

癒しや変化を求めたり
愛情を求めたり与えたりと・・

人生における日常が
劇的に変化するのは間違いありません。

但しそれ以上に責任制約が発生します。
ペットを迎え入れる事はある意味冒険ですから (゚Д゚;)

それを踏まえた上で
7つの理由を紹介します (^^♪

Ⅰ 単純明快!癒されます!
  海外の研究によるとペットと一緒に過ごす事で
  オキシトシンが増えるそうです。
  オキシトシンとは “幸せホルモン
  絆を感じたり、親密感を抱いたりする事がその理由。
  ペットを迎え入れるランキング1位でしょう!

Ⅱ 社会生活が向上する 
  ペットを通じて地域社会に留まらず
  今やネットの世界でも新しいコミュニティに関わる
  きっかけになります。
  アメリカの研究ではペットを飼っている人は
  そうでない人と比べると圧倒的に知り合いの数が多いそうです。
  (数の問題ではない気もしますが)
  
  これは日本でも当てはまります。
  近所や旅行先でもわんこと散歩していると
  交流の機会はたくさんありますもんね (^^♪

Ⅲ パートナーがいる場合、ストレス軽減・より幸せに!
  科学雑誌”Psychology Today”の研究によると
  ペットを飼っている夫婦やカップルは
  そうでない人に比べて血圧が低めで、幸福感が高いそうです。
  また、会話が圧倒的に多いとの結果に。

  逆にペットが原因で険悪になるケースも・・。
  おやつをこっそりあげて・・・ばれたりして(^^♪
  また、日本の住環境によっては
  わんこの鳴き声でトラブルになる事もありますので
  これからペットを迎え入れる方は気を付けましょう。
  
Ⅳ 飼い主自身がより良い人間になれる
  BarkBox(米企業)の研究によると
  ペットを飼っている人の93%がペットを飼う事によって
  ”忍耐強くなった” ”よりやさしくなった” など
  少なくとも1つはすぐに挙げられるそうです。

  人間は ”守らなければならない事象”が
  そこにあると、自然とやさしく強くもなれますもんね。

Ⅴ 仕事で疲れたあなたをリラックスさせてくれる
  ペットは私たちに癒しと安堵を与えてくれます。
  2003年の研究ではペットを撫でることで
  不安が和らぐ事が判明した(研究機関不明?)
  不安軽減効果は動物好きに限らず
  様々な人に認められたという事です。
  
  多分、”癒し”から来る安堵感でしょうね (^^♪

Ⅵ ペットは子供に責任感を植え付ける
  APPA(米国ペット製品協会)によると
  ペットを飼っている人の58%は
  子供に責任感を教えるのにペットが役立ったと答えた。
  小さな子供でもペットの世話をする事で
  責任感が養えるという事です。
  
  58%という数字は微妙ですが
  子供が自分より弱い生き物の世話をする事で
  ”愛情” ”温かさ” ”倫理観” などを
  体感できる事は、子供の将来に大きな影響を与えるでしょうね。

Ⅶ インスピレーションが湧き上がる
  アルバート・アインシュタインは飼い猫のタイガーが
  歩き回るのを観て独自の理論を思いついたと言います。
  また、フローレンス・ナイチンゲールは
  ケガをしたわんこがキッカケで看護師になったそうです。

  以上が7つの理由です!
  
  海外のデータが基になっているので
  かなり集約して個人的な見解を入れています。

  これからペットを迎え入れを考えている方に補足します。
  特に一人で迎え入れる方に。
  
  ”命の大切さ”をまず理解して下さい
  ”犬の十戒”を必ず読んでください
  (作者不詳の短編詩)

  既に飼っている方も
  今一度わんこからのメッセージに耳を傾けてくださいm(__)m

❶ 私の一生はだいたい10年~15年しかありません
  ほんのわずかな時間でもあなたと離れている事は辛いのです
  私のことを飼う前にどうかその事を考えてください

❷ 私が ”あなたが私に望んでいる事” を理解できるようになるまで
  時間が必要です

❸ 私を信頼してください
  それだけで私は幸せです

❹ 私を長時間叱ったり、
  罰として閉じ込めたりしないで下さい
  あなたには仕事や楽しみがありますし
  友達だっているでしょう
  でも私にはあなたしかいないのです

❺ 時には私に話かけて下さい
  たとえあなたの言葉そのものは解らなくても
  私に話かけているあなたの声を理解しています

❻ あなたが私の事をどんな風に扱っているのか
  気づいて下さい
  私はその事を決して忘れません

❼ 私を叩く前に思い出して欲しいのです
  私は鋭い歯であなたを傷つける事ができます
  でも私はあなたを傷つけないと決めた事を

➑ 私が言う事を聞かないだとか、頑固だとか、
  怠けているからと言って叱る前に
  私が何かに苦しんでいないか気付いて下さい
  もしかしたら食事に問題があるかもしれないし
  長い間陽に照らされているかもしれない
  もう体が老いて弱ってきているのかもしれません

❾ 私が年を取ってもどうか世話をして下さい
  あなたも同じように年を取るのです

➓ 最後の旅立ちの時には
  そばにいて私を見送って下さい
  ”見ているのが辛いから”
  ”私のいない所で逝かせてあげて”なんて
  言わないで欲しいのです
  あなたがそばに居てくれるだけで
  私はどんな事でも安らかに受け入れられます
  
  そしてこれだけは忘れないでいて下さい

  ”私は生涯あなたを愛しています